製品概要

これまでに無かった、中性域安定型の塩素酸化物高度さらし粉液体製剤

▼特長 ▼使用方法 ▼製品概要



ネオクリーンPA Sの特長

 塩素酸化物 高度さらし粉液体製剤『ネオクリーン PA S』は、水産・畜産・農産など、高い有効塩素濃度で、しかも長時間、殺菌処理や除菌洗浄処理を施さなければ、常在生菌数を低減することができない対象物に、必ず発生してまいります残留塩素の問題を、よりスピーディーに、かつ、より効率良く中和除去しやすい製品を開発するべく、これまで、この塩素酸化物業界では全く考えもつかなかった新しい方法を取り入れることによって、中性域で安定させる事に成功した塩素酸化物製剤であります。

 これまでの塩素酸化物製剤類に関しましては、その生産効率や、歩留まりを向上させ、そのうえ、流通させやすく、しかも長期保存に耐えうることを前提にしており、強制的に化学安定させてあるものが多く、これら塩素酸化物、及びその製剤類を使用する際、希釈液のpHを、酸性側に調整しましても、しばらくいたしますと、このpHは上昇して参ります。

 その結果、殺菌効力や除菌効力が急激に低下してしまうとともに、食品中に、この有効塩素が残留してしまいやすいと言う欠点があり、この残留してしまった有効塩素に対して中和製剤を用いましても、非常に反応が弱く、食品の安全性という点から考えてみますと、塩素酸化物製剤類には、まだまだ改良すべき点が多いと考えられてまいりました。

 そこで、本品、塩素酸化物 高度さらし粉液体製剤『ネオクリーン PA S』に関しましては、塩素酸化物を発生させる段階から安定剤として用いられている塩類をほとんど使用せず、塩素酸化物自体のpHを中性域で安定させる事をめざして開発いたしました。その結果、本品の希釈液は、緩やかに効果を発揮し、有効な殺菌力や除菌力を長時間持続させることができるように構成されております。

 更に、反応性を富ませる事によって、これまでの塩素酸化物製剤類よりも最終製品に残留してしまいます有効塩素の量が少なく、中和剤との反応も速やかに、かつスムーズに浸透いたします。この事から、最終製品に有効塩素を残留させたくないと言うご要望をお持ちのお客様には最適な一品であるといえます。

 もちろん、これまでの弊社、塩素酸化物製剤類の特長であります低塩素臭で、かつ低刺激性であるというメリットは、そのままご享受して頂く事ができ、使い方自体は、これまで通りの方法で取り扱って頂く事ができます。

 昨今では、ますます、食に対する安心・安全が要求されてきております。このことから、弊社三慶グループでは、その一歩先の世の中に通用できる商品として開発されました、塩素酸化物 高度さらし粉製剤『ネオクリーン PA S』を、貴社の製品類に、お試しいただきます様お願い申し上げます。

ネオクリーンPA Sの使用方法

 本品を1.0%~10.0%程度の希釈液を作り、これを殺菌液、或いは除菌洗浄液として、加工食品の原材料の殺菌処理、或いは除菌洗浄処理に用いてください。但し、使用方法によりましては、殺菌処理や除菌洗浄処理の対象物内に、有効塩素が残留してしまうことがあります、その場合には、弊社の塩素中和剤製剤であります『コレクト・』をご使用いただき、中和処理して頂く事で、最終製品に有効塩素が残留していない状態に仕上げて頂く事ができます。

(但し、塩素酸化物の中和に関しましては、その処方が有効であるのかどうかについて、必ず検証していただいた上で、最終処方を決定していただきますようお願い申し上げます。)

※ 尚、鮮魚介類に対しましては、鮮度保持を目的とした食品添加物の使用は禁止されております。決して使用しないで下さい。

※ 残留(有効)塩素の測定には弊社の残留塩素測定キット『ピポパ・UY』をご利用いただきますと製造現場で簡易に残留(有効)塩素を測定することができます。

【品名:ネオクリーン PA S】

分類 塩素酸化物、殺菌料、高度さらし粉液体製剤(食品添加物)
成分 〈主剤〉 高度さらし粉 7.50%
〈副剤〉 塩化ナトリウム 0.80%
〈副剤〉 リン酸水素二ナトリウム 1.00%
〈副剤〉 キラヤサポニン 0.80%
  食品素材 89.90%
食品素材 電解水
  溶存酸素水

 尚、本品、塩素酸化物、殺菌料、高度さらし粉液体製剤『ネオクリーン PA S』の品質保証規格、並びにお取り扱い方法に関する、本品の規格書、製品安全データシート(MSDS)をご用意いたしております。弊社窓口まで お問い合せくださいますようお願い申し上げます。