北海道の自然遺産を守ろう

”エゾシカと人との共生のために、あなたの力を貸して下さい。”

誰もが知っている世界に誇る日本の自然遺産である北の大地が蝕まれていることを、ご存知ですか?
そして、その直接原因の1つが、愛らしいイメージのエゾシカなのです。

このエゾシカを、保護し、生息数を回復させた努力は、すばらしい事実なのではありますが、増えすぎたエゾシカによって、世界に誇る日本の自然遺産である北の大地が、消えかけているのを、ご存知でしょうか?

エゾシカの棲む森では、エゾシカの餌が枯渇し、森の木々や、貴重な高山植物までもが、餌として採食され、徐々に森が無くなり、緑が消え始めており、まさに、世界に誇る日本の自然遺産である北の大地が、人の経済活動だけではなく、エゾシカの食害によって、森の木々が枯れ、原生林が壊れ始めているのです。

エゾシカが関係する交通事故数と、人身事故数と、死亡事故数

画像提供「林野庁 北海道森林管理局」

また、日本国天然記念物のシマフクロウは、人が北海道に入り、開拓した事によって、絶滅危惧種に指定されるまで、その生息数が激減してしまいました。このシマフクロウが、エゾシカの増殖により、森が育たなくなってしまい、シマフクロウは新たな危機を迎えていることも事実なのです。

これに気付き、世界に誇れる日本の自然遺産である北の大地が失われる前に守り、そこに棲む動物達を保護した上で、管理することを、世界から求められており、それを託され、後世に受け継いでいけるのは、今を生きる私たちだけなのです。
尚、現在エゾシカを捕食出来るのは人類だけになってしまい、自然界のバランスを保つための捕食を計画的に行ない、増えすぎたエゾシカの生息数を管理していかなければなりません。

このことは、多くの人達の協力と費用が必要になるであろうと考えており、その費用を捻出する手段として、管理削減したエゾシカを食肉として加工し、これを用いて各種製品類を開発し、これらを加工食品として流通させることで、得られる収益をもとに、新たな対策を講じていかなければ、今後、希少な北海道の野生動物が、消えてしまうことにもなりかねません。
そこで、我々三慶グループでは、間引きした鹿肉を利用した新しい製品類を数多く開発し、これを販売ルートにのせる事で、より多くの人に、この現状を理解して頂くことにつなげられるのではないかと考えており、そのことが結果として、世界に誇る日本の自然遺産である北の大地を守ることに、貢献できるのではないかと考えました。