製品概要 ケア・フォーノロバリアプラス スプレー

ケア・フォー ノロバリアプラス

「ケア・フォー ノロバリアプラス」は、大量調理施設のウイルス除去・除菌に特化して作られた、 食品添加物:殺菌料 亜塩素酸水製剤です。

ケア・フォーノロバリアプラスの効果確認試験データ

その他の特長

  • クロラス酸(HClO₂ )の原料は天然塩
  • 主成分は、食品添加物:殺菌料に指定されている亜塩素酸水
  • 日本発のウイルス対策用除菌剤
  • クロラス酸(HClO₂)の除菌力はたった30秒で99.99%*²
  • 消臭効果はブリーチの4倍*³
  • サイクル反応(独自技術)により除菌・消毒・消臭力が持続
  • ウイルスによる食中毒対策にも威力を発揮

以下の物にご使用いただけます

  • 食器や調理器具類、キッチン関係用品
  • 浴室やトイレなどの衛生関係用品
  • イスやテーブル、子供のおもちゃなど生活関係用品

あたみ石亭別邸 桜岡茶寮

〒413-0024 静岡県熱海市和田町6-17
TEL:0557-81-6123 FAX:0557-85-1445

「おかえりなさいませ」でお迎えする。「あたみ石亭別邸 桜岡茶寮」のさまざまな趣向は「石亭十趣」と名付けて吟味し、それらを江戸文化が開花させた「粋と豪奢」の心で彩りました。
日常の煩雑を忘れ、全身全感覚ののびやかな休息と、そこ此処に演じられる心地良いドラマを、存分に愉しんでいただければ幸いです。

導入の目的は

調理師免許を持つ身としては、常に衛生的な環境の維持には特に気をつけており、これで良いという気持ちはなく、常によりよいものを求めていたところ、この「ケア・フォー」との出会いがありました。

導入の決め手は

国立医薬品食品衛生研究所での「平成27年度ノロウィルスの不活化条件に関する調査報告書」でのノロウィルスに対する効果確認試験の結果で証明されたことはもちろんですが、生臭いふきんをビニール袋に入れ「ケア・フォー」の液に浸漬させておいたところ、臭いがまったくなくなり、菌が殺せていると実感できたし、これは本物だと感じ、信用しました。

どのようなシーンで使用されていますか

調理場の仕込みの際にまな板・包丁・バット・調理台・冷蔵庫の取っ手等複数の人がふれるところなどの除菌に使用しています。又、結露の起こる場所は菌が繁殖しやすいので、そういったところにも使用しています。

ご利用者(お客様・スタッフ・ご自身)の反応は

今まではアルコール系のものを使用していましたが、アルコール臭が強く、調理場には不向きでしたが、この「ケア・フォー」は臭いがないので気にせず使えて便利です。しかも、希釈して使うのでコスト面でも気にならないところがよいところです。

購入はこちら

amazone

さらに、抗ウイルス対策効果は国立大学医学部と共同研究中。研究データの一部はHP上で公開しています。

http://www.sankei-group.com/announcement

クロラス酸(HClO₂)の除菌効果などについては以下のページをご参照ください

亜塩素酸水 3つの特徴

使用方法・用途・希釈液の作り方

製品概要

品名
ケア・フォー ノロバリアプラス 1㎏ ×1
分類
食品添加物 亜塩素酸水製剤
用途
調理用器具・機材類の除菌、建具の除菌
効果
ウイルスの除去・除菌
成分
亜塩素酸水20.00%、リン酸二水素ナトリウム1.00%、リン酸二水素カリウム1.00%、電解水78.00%
荷姿
1kg ×1 アルミスタンドパック入り
商品サイズ
本体 90mm×90mm×200mm (幅×奥行×高さ) 
備考
食品添加物として、食品に使用する場合は、使用基準 亜塩素酸水は、精米、豆類、野菜(きのこ類を除く。以下この目において同じ。)、果実、海藻類、鮮魚介類(鯨肉を含む。以下この目において同じ。)、食肉、食肉製品及び鯨肉製品並びにこれらを塩蔵、乾燥その他の方法によって保存したもの以外の食品に使用してはならない。
 亜塩素酸水の使用量は、亜塩素酸として、精米、豆類、野菜、果実、海藻類、鮮魚介類、食肉、食肉製品及び鯨肉製品並びにこれらを塩蔵、乾燥その他の方法によって保存したものにあっては、浸漬液又は噴霧液1kgにつき0.40g以下でなければならない。
 また、使用した亜塩素酸水は、最終食品の完成前に分解し、又は除去しなければならない。
を守ってお使いください。
保管方法
本品は冷暗所で保管してください。
尚、一度開封したものは必ず密閉して冷暗所に保管し、できる限り速やかに使用してください。
注意事項
幼児の手の届かないところに保管してください。

取り扱いのご注意

取り扱いのご注意の画像

  • ●定められた用法、用量を遵守し、それ以外の使用方法で使用しないでください。
  • ●用途以外に使用しないでください。
  • ●一度に大量に使用しないください。
  • ●不快な症状が見られたときは直ちに使用を中止してください。
  • ●幼児の手の届くところで保管しない・使用しないでください。
  • ●熱湯で希釈しないでください。
  • ●火気の近くに置かないでください。
  • ●漂白する恐れもあるので、色落ちの可能性があるものには、使用しないでください。
  • ●他の容器に移し替えて、使用しないでください。
  • ●本品を使用する際には、必ず換気しながらお使いください。
  • ●希釈液を作成したとき、本品溶液が変色した場合は、その水での調整は避けてください。

応急処置

1.多量に飲み込んだ場合
吐かせず、すぐに口をすすいだ後に水か牛乳を飲ませ、医師に相談すること
2.目に入ったとき
すぐに大量の水で洗い流し、直ちに必ず医師に相談すること
3.皮膚に付着した場合
不快な症状が見られたときは直ちに使用を中止し、換気し、必要に応じて医師に相談してください。

本製品には、安全データシート(SDS)をご用意しています。ご用命の際はこちらからお問合せ下さい。

購入はこちら

amazone