「亜塩素酸水」は、安全な物質であると認めて頂きました!

 「亜塩素酸水」は、内閣府 食品安全委員会によって厳正な審査を受けた結果、2012年11月6日に開催された厚生労働省薬事・食品衛生分科会添加物部会にて、食品安全委員会の『添加物として人の健康を損なうおそれはない』とする案が承認され、2013年2月1日付け厚生労働省令第9号により、食品添加物:殺菌料として指定されました。
※ 出典元:2012年11月6日 食品衛生分科会 「審議事項に関する資料」
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002nzg7-att/2r9852000002nzmz.pdf

 尚、この厳正な審査において、サルモネラ菌や大腸菌といった食中毒の原因となる細菌に対し、「亜塩素酸水」は広い範囲での殺菌効果が認められました。また、食品に対する殺菌効果についても、有効性濃度範囲で「亜塩素酸水」を使用すれば殺菌効果があり、さらに食品の品質に対しても影響がないことが確認されました。

※ 出典元:「亜塩素酸水の新規指定の可否に関する薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会添加物部会報告書(案)」
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002i78m-att/2r9852000002i7gs.pdf

 さらに、「亜塩素酸水」の安全性についても、食品安全委員会により、食品添加物として適切に使用され、使用基準が遵守される限り、安全性に特段の懸念はないとの評価がなされました。

※ 出典元:2012年7月 食品安全委員会「添加物評価書 亜塩素酸水(第2版)」
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002i78m-att/2r9852000002i7gs.pdf

 このように、人の健康に影響を与えることなく、広い範囲での殺菌効果を有しているものであるということが認められ、しかも、日本国の国民全てに広く意見を聞き、特段の異議申し立てもなく、受理されたものこそが、この新しい食品添加物:殺菌料「亜塩素酸水」なのです。

 つまり、「亜塩素酸水」は、食文化の発展と向上のためにも、又、食品の安全確保のためにも、大変重要な食品添加物であり、人の健康に 影響を与えることがなく、それでいて、広い範囲での殺菌効果を有している物質であり、しかも、安全でかつ、安心して使用していただくことが 出来る食品添加物であり殺菌料なのです。