新しく食品添加物として指定された殺菌料があるのをご存知ですか?

「亜塩素酸水」は、2013年2月1日付け食品衛生法施行規則の一部を改正する省令(平成25年厚生労働省令第9号)により、新しく食品添 加物として指定されました。

※ 出典元:「食品衛生法施行規則の一部を改正する省令及び食品、添加物等の規格基準の
一部を改正する件等について」(平成25年2月1日付け食安発0201第2号)

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku-anzen/zanryu2/dl/130201-2.pdf

 三慶グループでは、長年、塩素酸化物及び、その製剤類の開発を手がけていくなかで、「亜塩素酸(HClO2)」という物質の存在に着眼しました。
 この「亜塩素酸(HClO2)」は、細菌類や、真菌類に対して強い殺菌効果を有しており、ひいては、ウイルス類の不活化効果がみられるという ことが分かり、この「亜塩素酸(HClO2)」を主たる有効成分とする新たな食品添加物を開発すれば、あらゆる加工食品類の原材料の殺菌剤と して幅広く利用していただくことが出来るようになるのではないかと考えました。そこで、弊社では、この「亜塩素酸(HClO2)」を手軽にかつ簡単に使用していただくことができる製品の実用化に向けて、鋭意研究を重ねた結果、サイクル反応(注)を維持させる技術を見つけ出しました。
そして、「亜塩素酸(HClO2)」を主たる有効成分とする新たな食品添加物として「亜塩素酸水」という製品を開発し、ついには工業的生産が出来るようになるまでになりました。

(注)
このサイクル反応とは、「亜塩素酸(HClO2)」と、それに伴う『不均化反応』を介して亜塩素酸に戻る一連の反応のことを言います。
出典元:2012年7月 食品安全委員会
添加物評価書 亜塩素酸水(第2版)」